原因と対処法を知る

女性ホルモンの分泌量が減ることが原因

更年期障害とは、女性ホルモンが分泌されにくくなることで、体に起こる様々な不快な症状のことです。女性ホルモンは、若いうちは女性の体でさかんに分泌されるのですが、更年期になると急激に分泌されなくなります。それまで数十年間分泌されていたものが分泌されなくなるので、体はその変化に戸惑い、うまく対応できなくなります。それが、不快な症状となって出てくるわけです。 女性ホルモンが分泌されなくなることが原因ですから、従来は更年期障害は、婦人科などでのホルモン剤の投与で治療されていました。しかし副作用が出る可能性があるため、昨今ではサプリメントによる治療もおこなわれるようになっています。女性ホルモンに似た働きをする植物性の成分で作られたサプリメントで、ホルモン剤より作用がマイルドなところが特徴です。そのため安全性が高く、多くの人に飲まれるようになっています。

期待されている女性の活躍

現在は、外で働く女性が増えてきていますし、晩婚化により初産の年齢が、かつてより高くなってきています。そのため更年期の時期に子育てが重なってしまうことは、よくあります。仕事や家事の忙しさもあり、かつてより更年期における女性の負担は増えていますし、それに苦しむ女性もまた増えているのです。 だからこそ、更年期障害の諸症状を和らげることのできるサプリメントの需要は、高くなっているのです。若いうちから飲んでおくことで、更年期障害を予防することも可能です。 現在の日本では、経済のためにも、少子化を食い止めるためにも、女性のより一層の活躍が求められています。そのため更年期障害に有効なサプリメントの需要は、今後もっと高まっていくと予想されています。